あの感動をもう一度・・・

当ページは、Happy Elements株式会社「メルクストーリア」の画像を利用しております。該当画像の転載・配布等は禁止しております。
©Happy Elements K.K

 

2人を近づけすぎて、お花が入らなかった(笑)

 

さぁ メルスト好きのみなさんなら、このお二人もうおわかりですね?

エレオノールさん(左側の女性)と、ジャントールさん(右側の男性)です。

メルスト知らない人はやってみるといい。良いゲームだから。

 

なんかもう、色が付けばいいや感が出てきました(笑)

 

懲りずに「自動着色」(笑)

一応二人分描いたので、この下書き時点でもう辛い(;’∀’)

 

 

「夢添いの君と忘却の町」というイベントで登場した二人ですよね?

私は別にかぼちゃを描く趣味はありませんでした(笑)

 

メルストで一番最初に感動したイベントストーリーでした( ;∀;)

 

 

でも、最初はストーリー難しくて、何度も読み返して理解して、やっと感動できるっていうね(;’∀’)

 

メルストのストーリーやたらと難しい話になる時ありません?

理解するのが難しくて難しくて…、全年齢対象ゲームじゃないの??

違ったようです、対象年齢7歳以上でした。すごいぞ7歳!

理解できる君は、ものすごく頭が良いに違いない!!

 

 

やはり、この二人にはダークトーンのが似合いますな

 

ストーリーを見ている以上、「自動着色」でこういうダークなカラーに染められた時は、ちょっと悲しくなりました…。

 

でも、毎度ながら「自動着色で完成!」という形はしたくないので、

自分で色付けてくよ~ ( ..)φぬりぬり…

 

( ..)φぬりぬり……。

( ..)φキュッキュッ…。

 

あの感動をもう一度・・・ #メルスト #イラスト

 

ほい!

まぁ なかなか良い感じなんじゃないですか!?

 

 

とりあえずイラスト描いている人の映像見てみたんですが、

どうも「pixiv Sketch」じゃない人ばっかりだったり、

明らかに多彩な機能使えてたりで、あんまり参考にならない(-_-;)

プレミアム会員ってのになれば、また違うのかしら??

 

 

あとは、「レイヤー」っていうの?

なんか上手い人は本当に細かく分けてたりするんだけど、

私は8枚が上限??みたいな感じで描いてます。

9枚以上作れるんだけど、画面スクロールが働かないので、

8枚までしか表示できないっていう謎(笑)

どうやってか動かせるのかもしれないけど、わかんね。

 

 

まぁ アナログの絵なんて「1枚」で描くんだから、

8枚もあれば贅沢だよね(^^♪