私がブログを始めたワケ

 

日記ってみなさん書いてますか?

 

私は書いたことありません。

 

こうしてブログ書いてますが(笑)

 

 

もし、こういうネットではなく、現実で日記を書こうとしたら…、

 

何かノートを一冊買ってきて、表紙に「日記」と書き…、

 

ぺらっとめくったまだ真っ白なノートに、「どう書こうかな?」

 

う~ん…う~ん…と頭を悩ませ、

 

「よしっ」と思ったら、ペンでスラスラっと日記を書き始め、

 

写真が好きな人は写真を貼り付け、

 

絵を描くのが好きな人は、文の端々にイラストを描くのでしょう。

 

 

そして、そうして書かれていく日記は、次第に自分だけの、

大切なアルバムのように変化していくのかもしれません。

 

 

でもそれは、あくまで自分だけのもの。
他人に見られるのは恥ずかしい!

 

 

…え?全然恥ずかしくないよって?

ああ、恥ずかしくないさっ
むしろウェルカムだ!←??(笑)

 

私はもし現実で日記書くとしたら、

恥ずかしくて他人には絶対見せませんけどね!

(・∀・)絶対見せませんけどね!!
(大切なことは二回言いましょうって、誰かが言ってた気がする!)

 

でも、ブログは書くんですよねぇ…
不思議なもんです。

 

 

さて、タイトルにもある通り、私がブログをはじめたワケですが、

ぶっちゃけ単純です。

 

「あぁ なんかこういうのいいなぁ」と思えるブログに、巡り会えたからです。

 

普段私はブログなんて全くといっていいほど、見たことがありませんでした。
というのも、ブログに対して私があまり良いイメージがなかったからです。

ブログっていうのは、よくTVとかに映る有名人が

「今日はこんなことをしました!」って、なんかキラキラ輝いてる人が

やるようなものってイメージだったんです。

 

 

多くの人が知りたい情報

→好きな有名人の普段の生活まで知ってみたい

→ブログを覗いてみる

みたいな感じだと思ってました。

 

 

しかし、一般の方のブログも今では大量にあります。

ぶっちゃけ「お前誰だよ」状態です(笑)

 

みんなで言ってやりましょう
大声で せーのっ

 

 

(≡゜Д゜)「お前誰だよ!!!」

…あ、すいません、私はブログ書いてる
(ボソッ)冬木みどりといいます…

 

…だめですよ、そんな乱暴な言い方。

いま本当に言ってしまった方
ちゃんと言い直してください

 

(*^▽^)「どちら様ですか?」

…うん、だいぶマシになりましたね!(笑)

 

話を戻して!
ゲーム好きな私が、プレイしてるゲームの情報を公式サイトでも見て確認しようかなって所から、私が素晴らしいと思えるブログにたどり着きます。

 

 

まず、そのゲームはPSO2になります。
テレビのCMでも流れてるので、そこそこ有名なゲームだと思います。

 

PC向けオンラインゲームのように見えますが、PSvitaでもプレイができるので、そちらでプレイしてます。

PCだとスペックやら操作環境やら、

機械苦手な私にはチンプンカンプンですよ!

難しそうで手が出せないけど、

PC版のプレイ画面がめちゃめちゃ綺麗で羨ましい!

 

どうしてこのゲームが基本無料でできるのか、未だに不思議でなりません(笑)
それほど、私の中での評価は高いです。

 

私はプレイする側なのでプレイヤーズサイトの方を見ます。

プレイヤーズサイトの方に、ゲーム内のお知らせ、

今後のイベント等の情報が更新されていきます。
メンテナンスの時間 とかしっかり確認しなきゃね!

 

「さあ やるぞっ」て気持ちでログインしてみたら
メンテナンスかよっ!おーい!?ってなりかねません。

ヽ(・∀・)ノ結構重要なことなんですよ、これが。

 

ゲームをやるために空けた時間で、ゲームが出来ないとなると…
「えっ…どうしよう、何して過ごそう」ってなります!

 

え?別にゲームが出来なくても時間の使い方なんて、いくらでもあるだろうって??

…ないよ。

…ないですよんなもん。

…あったら悩まないよ。

…そういやタラレバって食べ物みたいだと思いません?

 

えー 話がなかなか進みませんが(^^;
私がPSO2のブログで、よかったと思えるブログを2つ紹介したいと思います。

 

「はじめまして、PSO2。」

「実家は創業130年豆腐店!アークス活動日記」

 

 

この2つのブログになります(*^▽^)/★*☆♪
残念ながら2人ともすでにブログが完結しており、

今後の更新はないサイトになります。

 

「じゃあ そんなところ紹介するなよ」
なんて声が聞こえてきそうですが…
(^o^)気にしないのですよ~!

 

この2つのサイトみたいに、

笑いあり、涙あり、感動あり。

のようになりたいけれど、目指そうとは思っていません。

それは、このブログを見てくれた人が感じる部分であり、

私が押しつけるのは少し違う気もします。

 

さて、今回の記事はこの位で終わろうかな。
2つのブログ紹介詳しくやってたら、長くなりすぎちゃうよっ!