「勝つ」=「楽しい」??

 

「光と闇の対決 〜輪廻のFight Song〜」をプレイしていて、「MOBA」をプレイしている人の感想を見かけた。

 

 

「MOBA」って勝たなきゃ楽しくないから、長く続けるためにも強くならなきゃ意味がない。”

 

 

だいたいこんな意味の感想を書かれている方がいました。

この言葉を聞いて「なるほど、確かに言われてみればそうかも。」と共感される方がどの程度いるのか分からないけれど、私は全く共感できません。

本当に勝てなきゃ楽しくないのか?

そりゃ連戦連敗ならつまらないだろうけど、たまに勝つ程度でも十分楽しいと感じる私のような人は少数派なのでしょうか??

 

 

 

”「MOBA」って勝たなきゃ楽しくない”

 

この言葉を聞いた時に思い出したのは、学生時代の部活動のお話。
過去にも何度か書いたような気もしますが…。

 

 

 

 

 

”勝つため”の練習するか、”楽しいだけ”の練習するか選べ。決めるのはお前たちだ。」

 

そんな言葉を投げつけられたのが、新しい部活の顧問が赴任してきた時の話。

この選択を決めるのは「部員全員」だったはずですが、当然「先輩達」の影響もあり「多数決で”勝つため”の練習」に決定しました。(もちろん私は”楽しい方”を選びました(笑))

 

 

 

「”試合勝てなきゃ楽しくないだろ?
勝つから楽しいんじゃん”」

そんな先輩の言葉に「そうだな」と賛同する多くのメンバー、そして私を含め「片手で数えられるほど」の”楽しい”を選択した少数派の意見は、多数決で踏みつぶされて、結局「勝つための練習」をすることになりました。

 

 

 

結果、

「勝つための練習」を選択したはずのメンバーは全員部活を辞めて、
「楽しいだけの練習」を希望した私たちは全員残りました。

全く同じ練習メニューを一緒にやってです。

 

「勝つため」の人達が過酷な練習をして、「楽しいだけ」を希望したはずの私達が、毎日「鬼ごっこ」で遊んでたわけではありません。鬼ごっこもめちゃくちゃキツイけどね(笑)

 

 

 

辞めていったメンバーは口々に言いました。

「キツ過ぎる」
「センコーがウザイ、頭にくる。」
「正直やってらんない」

 

甘えんな。
としか思いませんでした(笑)

 

 

いや、だって君たちが「勝つのが楽しい」って言って、「勝つための練習」選んだというのに口ばっかりで全員逃げて。

私達「楽しいだけの練習」をしたかった人達はいい迷惑でした。やりたくもない「勝つための過酷な練習」なんてのに付き合わされて、やりたくないじゃないですか。だって辛いんだから(笑)

 

それでも「楽しいだけの練習」を望んでいたメンバーだけが、「勝つための練習」でも最後まで残ったのが事実だったんです。少なくとも、私の人生経験では。

 

 

 

「勝つため」を希望していなかったので、私達「楽しい」を選んだメンバーは、比較的そこまで勝ち負けに頓着していなかったメンバーのような印象があります。

 

それでも「過酷な練習」だとしてもリタイアする人は1人もいませんでした。

私は結局「どこに楽しさを見出すか」ってすごく大切だと思ってます。

 

 

 

 

 

冒頭に戻りますが、

”「MOBA」って勝たなきゃ楽しくない”

果たして本当にそうなのでしょうか?

本当に多くの方は、この言葉に共感しているのでしょうか??

少なくとも私は間髪入れずに「NO!」を叩き出したくなる言葉です。

 

 

私は逆に「連戦連勝でもつまらない」と感じてしまいそうです(^_^;)

「連戦連勝でつまらない」から、「どこまで手を抜いて勝てるか」とか遊び始めたりするんじゃないですか?だってゲームだから。

 

 

そしたらもう「勝つことが楽しい」ではなくなっているはずなんです。

なんだかんだ、「あーだこーだ考えてプレイしている時間が楽しい」ってなると思うんです!

 

 

 

 

 

 

私の中での結論を出そう。

「勝つ=楽しい」ではない。

 

勝ち進んだ先に「楽しい」があるのだ。

でも、例え「負けていた」としても「楽しむ」ことはできる。

 

これは矛盾に聞こえるかもしれない。

「勝ち進んだ先に”楽しい”があるなら、負けたらダメじゃない?」と。

そう、だからこそ、こんな言葉があるのではないか。

「楽しんだモン勝ち」って。

 

 

本来「楽しい」は勝ちの先にあるものなのに、勝ってもいないのに、楽しんじゃうことは出来る。

そんな状況に成れたとしたら、もう「勝つ必需性もないよね?」って話になってしまう。

 

 

 

だから「楽しみ方」なんて人それぞれが見つければいいのだ。

「MOBA」だって「勝つことだけが楽しい」なんてのは絶対にない。

断言してやる。

そんなことは絶対にない!

 

 

 

さぁ、今日も楽しくゲームしようぜ(*‘∀‘)