ミトラスフィアにキズナアイが参戦!!

 

はい!またもやミトラスフィア -MITRASPHERE-の記事にございます。

以前の記事たちで色々言ってしまった話題作でございます…(;’∀’)。。。

 

ミトラスフィアがつまらない……。

ミトラスフィアを救えない!(泣)

まぁ 私個人の感想なんてどうでもいいんですよ。

友達から誘われたゲームって、私にとっては面白くないことが多いし、

逆に私が勧めるゲームも、あまり好まれないことが多いですからね(;・∀・)

 

結局は、自分でプレイしなきゃわからないものだと思います。

ゲームってそういうもんです、きっと。

少なくとも、私の中で「ゲーム」ってそんなもんです。

 

 

 

「じゃあ、どうしてまたミトラスフィアの話題?」

と疑問に思ったそこの君、……タイトルだよ、タイトル!

 

 

キズナアイちゃんが、ついにミトラスフィアの世界に登場しました!

(*‘∀‘)いいね!可愛いね♪

うん……、いいねぇ…(低い声)

 

 

もはや私の中で「ミトラスフィア」って

「面白いか、面白くないか」じゃなくて、

「可愛いか、可愛くないか」になりつつありますね(笑)

 

 

アイちゃんとは、フレンド検索で「ID:761701866」と検索すれば表示できるので、どんどんフォローしてあげましょう!

 

 

さっそくフォローしてみたので、フォローリストに護術士の「キズナアイ」ちゃんが表示されてますね(*‘∀‘)♪良い感じ

 

 

今ならこの「アイちゃんのぴょこぴょこ」が貰えます(*‘∀‘)

 

 

実際に付けてみると、こんな感じ。

ほうほう、なかなかいいじゃないか…。(低い声)

 

しかし、アイちゃんのアバターってどうやらオリジナルらしくて、

まだアイちゃんだけの特別仕様らしいんですよね。

マネできるのは「ぴょこぴょこ」だけでした。

 

でも、

「じゃあ君はどんな装備してるのかね?」

と、気になったものですから、覗いてみました。

 

 

説明欄、絶対にふざけてるよね!?(笑)

 

なに?

「着ている」かどうかは微妙とか、「はいている」かどうかは分からないとか(笑)

まぁ 確かにアイちゃんは動画上でそんなこと言ってるけども(;’∀’)

 

 

 

 

いやぁ…、アイちゃんはなかなか多方面で活躍するようになってきましたね~。

いつの間にかテレビCMとかにも登場してますからね~。

 

「ミトラスフィア」の世界でも冒険していくらしいので、

「Kizuna AI」のtwitterも確認していると、ログイン時間を教えてくれたりもするそうです。

 

 

「ミトラスフィア」をまだダウンロードしていない方は、こちらのダウンロードリンクからどうぞ!

 

→「ミトラスフィア -MITRASPHERE-」をダウンロード

 

アイちゃんと一緒に冒険してみませんか!?

 

 

 

 

 


© Kizuna AI

 

そして、ちゃっかりアイちゃんは、ブログも開設したそうです。

「A.I.GamersInfo」というサイト名で運営していくそうです。

 

間違いなく人気サイトになるでしょう!

だって可愛いもんね♪

「へたっぴゲーマー」として、いろんなゲームレビューをブログ形式で書いていくそうです( *´艸`)

 

 

 

アイちゃんは、ホームページはWIXで作成したそうですね。

ほうほう、WIXですか。いまブイブイ言わせている、あのWIXさんですね。

 

無料ブログでは、日本で言えば「Amebaブログ(アメブロ)」とか、「livedoor Blog」が人気じゃないでしょうか?

 

 

「WIX」はなかなか綺麗なサイトが出来上がると思います。

こんな私のサイトなんかより遥かにね(笑)

 

でも、まぁ「ホームページ」を作成できるサービスなので「ブログ」以外のことも色々できる機能がある分、「ブログだけやりたい」のならば、わざわざWIXにしなくてもいいのかなぁ…、とかは個人的に思います(;・∀・)

日本語翻訳も完全でない部分もあるらしいです…。

そうしたら逆に「色々出来る分だけ、手間暇かける必要がある」んですよね。

 

 

「アイちゃんがWIXでやるなら、私もWIXでやりたい!」

ってのは全然アリですよね!(*‘∀‘)

なんでも、やる気にさせたら勝ちでしょう。

 

 

 

 

 

この記事は、ゲームアプリ「ミトラスフィア -MITRASPHERE-」の画像を使用しています。(c)BANK OF INNOVATION 該当画像の転載・配布等は禁止しております。著作権物の利用をされる方は、「ミトラスフィア -MITRASPHERE-」の著作権物利用ガイドラインを確認の上、ご利用下さい。