デジタル文章 「下から上へ読む」時代がくる????

 

どうもこんばんわ、冬木みどりにございます。

私の名前のイメージとは打って変わり、急に気温が暑くなってきましたね(^_^;)まだ梅雨も明けていないというのに…。

 

今回は「ふと感じたこと」をちょっと書いてみようと思います。

 

 

 

 

みなさんは家の表札などで、例えば「佐々木」ではなく「木々佐」みたいに右から左へ書かれている文字を見たことがあるでしょうか?

今私の書いている文章も基本的に「左から右」へ流れていると思います。ムーディー勝山が頭をよぎるぜwこれを「横書き」って言いますよね。

年配の方がどう思うかは分かりませんが、私は「左から右に書かれているのが当たり前」のような世代に生まれたので、むしろ「右から左」に書かれている文章はとても読みにくく感じてしまいます。

?うょしでいくにみ読とだれこ

 

さて、

問題はここからである。
おそらくここまでは「あ~俺もそうだわ」みたいに思うだけで、おしまいになると思う。

 

 

みなさんはこの画面を「パソコン」や「スマホ」などで見ていると思うのだけれど、基本的には上から下へ読み進めるのが一般的であると思う。

そう、私も今までは何の違和感もなく「上から下」へ読んでいた。

しかしだ、何故か視線に違和感を覚えてしまう時があった。

 

 

 

それがおそらく「リズムゲーム」の影響であるように思ったのだ。

私は「バンドリ! ガールズバンドパーティ! 」が好きなので、アプリがリリースされた時期からプレイしています。「バンドリ!」に限らず「リズムゲーム」のいくつかは、画面の上から下に「ノーツ」と呼ばれる音符代わりのものが流れてきます。

 

 

私はこれをあんまり見てなくて(笑)(^_^;)

特に「perfect」を取ろうとも思っておらず、「とりあえずフルコン出来たらいいな~」くらいの、かなりライトな心でプレイしています。

私はゲームが好きで、色んなゲームを長時間プレイする為、目が疲れやすく、少しでも目を休ませてプレイするために、目をつぶってプレイしたりする時もあります。

 

そんなんだから「あんまり見てなかった」のですが、最近になってようやく「よく見る」ようになってきたかな??と思っています(^_^;)たぶん

 

 

「よく見る」ようになって改めて思ったのが、「上から下」に流れてくるノーツを見ていたわけではなくて、下から上に処理する順番を見る」ようになったのです。

「あまり見なくていい」なら、「ぼやっとした全体像」が見えればいいので「上から下」へ視線の流れで把握するのですが、逆に「よく見よう」としたら、自分は「下から上」に見ていたのだと改めて思ったのです。

 

 

と、いうことは?

 

今はおそらく「スマホ」でインターネットも見る人が多いのかな?

この画面も「スマホ」で見てくれていると仮定して、思いっきり上にスワイプして画面の下までいってみてください。

 

すると文字が「下から上」にザーッと流れていくと思います。

どうでしょう、気持ち悪くなりませんでしたか?

 

 

 

私はこの前「やたらと縦に長いページ」を開いてしまい、自分の読みたい部分の所まですっとばすようにして画面を下にスクロールしていたのですが、なんだか気持ち悪くなってしまって…。(-_-;)なんでジャンプボタンがないんだよ。

 

でも逆に、上に戻るようにスクロールした時は全然気持ち悪くならなかったんですよね、不思議と。

これで疑問に思ったわけです。

 

あれれ?おっかし~ぞ?

 

 

 

 

「リズムゲーム」(縦落ち・奥行き型など)は「流動的に上から下に流れてくるもの」に対して「下から処理」していく。

スマホの画面で思いっきり上にスワイプして表示される画面のように、「流動的に下から上に流れていくもの(文章)」に対して「上から処理(読む)」していくのは気持ち悪くなってしまった
逆に、思いっきり下にスワイプして画面上部に戻そうと「流動的に上から下に流れてくるもの(文章)」は、見ていても気持ち悪くならなかった

 

 

と、いうことは!??

 

何も「見ていて不快な画面」にする必要などないのだ。

実際に私と同じように「気持ち悪くなってしまう人」がどの程度いるのかわからないけれど、おそらく少数はいるんじゃないだろうか??

 

つまり、「木々佐」ではなく「佐々木」と「右から左」に書く時代から「左から右」へ書く時代に変わったのと同じように、

時代の最先端として「横書きの文章」も、「上から下」へ書き進んでいく時代から「下から上」へ書く時代に変わっていくのかもしれない。

…かもしれない。

……かもしれない。

 

……かもしれない??

 

 

 

ないな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。