オラシオンはやはり名曲だった。

以前の記事にもしましたが、

ポケモン映画 キミにきめた!

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」

は、みなさんもう見ましたでしょうか?

 

今日はその「エンディング主題歌」について少し触れたいと思います。

 

 

まず歌っている方ですが、林明日香さんです。

 

ポケモン映画界では、既に有名な方ではないでしょうか?

 

 

2003年に上映された、ポケモンの過去映画作品のひとつである

劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ

の主題歌「小さきもの」を歌った方が、本年度のポケモン映画の主題歌を担当されました!!

 

まらしぃさんもピアノ演奏してくれている曲です(^^♪

 

 

ジラーチの時の主題歌である「小さきもの」、この曲私

めちゃめちゃ好きでして。

林明日香さんが、また主題歌歌ってくれるということで、

めちゃめちゃ嬉しかったです。

 

 

エンディング主題歌名が

「オラシオンのテーマ~共に歩こう~」

という曲名になっています。

 

 

原曲の「オラシオン」も過去のポケモン映画作品の曲という話は、今は置いといて…。

 

 

まず一番最初に思った疑問として、

「オラシオン」ってどういう意味なの??って思いませんでしたか?

聞いたことはあるけど、どんな意味だったか忘れちゃったよ。

……という方は私と同じですね(笑)

 

 

「オラシオン」はスペイン語で「祈り」という意味になるそうです。

 

…そういえば確か「オラシオン」と名乗る組織が、教会関係者みたいなRPGゲームをいくつか見た気もする…。なるほど、彼らは聖徒として「祈りを捧げている者」だから「オラシオン」だったのか。

 

 

曲名で「オラシオン」と言われたら、

私の場合は真っ先に、「ノーゲーム・ノーライフ」のエンディング曲である

「オラシオン/白(CV:茅野愛衣)」の方が一瞬よぎったのは、私だけじゃないはず!あっちも良い曲だからね( *´艸`)

 

…そういえば、ノゲノラの映画「ノーゲーム・ノーライフゼロ」も、ポケモン映画と同日の、2017年7月15日から上映されているんだよね…(._.)

 

 

 

 

話を「ポケモンのオラシオン」に戻しましょう!

実は、林明日香さんのインタビュー映像も公開されています。

 

 

 

「オラシオンのテーマ~共に歩こう~」

聴いてみると、「共に歩こう」という部分にかなり強いメッセージ性がありますよね。

 

PVの最後のフレーズは

 

“一緒に”叶える夢がいい

「”一緒に”見上げる虹がいい

 

 

と歌っています。

良いフレーズですよね。

 

 

 

 

 

 

以下は駄文ですので、すっ飛ばしてください(笑)

 

 

なんだかんだでポケモン20周年になりました。

「ポケモン」といえば最初は、ゲームボーイの中にいる白黒のドット絵でした。

それからブラウン管のテレビの向こうにいる存在になって。

いつの間にやら、世界中のスマートフォンの中にいます。

 

 

「ポケモン」といえば、やっぱり「ポケモンバトル」。

ゲームボーイの通信ケーブルを持って、友達の家に遊びに行って

「ポケモン交換」やら「ポケモンバトル」をよくやりました。

 

スマートフォンの中にいる現代にも、近い将来

「交換」や「バトル」ができるようになるはずです。

 

 

…そうですね。ゲームの中でも

ポケモンは一人で遊ぶだけでは満足に楽しめないんですよね。

 

 

アニメの世界でも、言葉こそ話せるわけではないけれど、実は一番近くにいる存在。

今は当たり前のようにサトシ達といるけれど、出会った時から仲が良かったわけじゃない。

 

 

一緒に旅をして、

一緒にご飯食べて、

一緒に戦って、

一緒に落ち込んで、

一緒に特訓して、

一緒に寝る。

 

 

そんな日々の積み重ねで築き上げた「信頼」って、実はとっても大切なこと。

 

 

だから、ちょっとケンカしたくらいで離れちゃいけない。

 

 

いつだって“一緒にやってきた”んだから。

 

一人でご飯食べて、

一人で戦って、

一人で落ち込んで、

一人で特訓して、

一人で寝る。

 

 

そんな日々に変わった途端に、急に何も出来なくなる。

今まで出来たことも、出来なくなってしまう。

「俺は出来るんだ!」ってことも、実は「一人じゃできなかった」と離れてから気づかされる。

彩り溢れていた街の風景も、山から見下ろす広大な景色も、灰色に変わっていく。

 

 

……すごく寂しい。

「一人で何でもできる」と思って飛び出してきた自分が情けなくなる。

膝に顔を埋めて泣きたい気持ちになる。

 

 

「俺が望んでいた世界」って、きっとこんな世界じゃない。

もし、一人で何でも出来たとしても、きっと嬉しくなかった。

俺が気づいてなかっただけで、

「俺の望んでいた世界には、いつも俺の隣にキミがいた。」

 

 

 

どんなにケンカしたって、お互い納得するまで言い合おう。

悲しいことがあった時は、一緒に泣こう。

例え、どんなに苦しい未来が見えたとしても、

それでもやっぱり、キミと一緒にいたいから。

 

 

一緒に旅をして、

一緒にご飯食べて、

一緒に戦って、

一緒に落ち込んで、

一緒に特訓して、

一緒に寝る。

 

 

何をする時も、キミと一緒にやってきたんだ。

だから、最後まで一緒がいい。

 

 

困難な道でも、乗り越えられた時には

一緒に笑って、ハイタッチし合いたい。

 

 

 

 

 

――だから、キミと

「”一緒に”叶える夢がいい」

「”一緒に”見上げる虹がいい」

 

 

きっとそれは、一人で見る景色よりずっと綺麗なはずだから。

 

 

 

 

 

 

「オラシオンのテーマ~共に歩こう~」

いい曲ですね。