FF15「広い世界」

 

なんなんだこの世界は……。

 

 

 

 

広い…広いぞぉ~~!

 

辺り一面は砂漠…とまではいかないが
砂ぼこりが吹き荒れる荒野であった。

 

木々という緑が少なく、風の通りを遮るものがないこの荒野では、巻き上げられる砂が顔に当たる度に痛むような、嫌な感じだ。

 

愛車の「レガリア」も、最初はピカピカのボディだったはずなのに、どんどん砂ぼこりで汚れていく。

前回のFF15の記事で車を押して行く所から始まったわけですが、
車はさっそく、修理できる場所に到着して以降
どんどんオープンワールドに進めるようになりました!

 

 

 

 

車を修理してくれたのは、厳つい年季の入ったオッサン職人ではなく
まさかのこんなエロい美女でした!(*‘ω‘ *)シドニーちゃんといいます。

 

マジでエロイ服装してますよね。
しかも綺麗な画質で360度から見られるという仕様…。

 

もしかしてみんな彼女目当てでFF15買ったんじゃなかろうか?

彼女のいるスタンドに行くと、彼女が給油と車を掃除してくれるシーンが流れます。
胸元が開いているので、本当にエロイです。

シドニーちゃんのエロ画像期待した方は残念、当ブログでは載せませんよ?(笑)
ぜひ他をあたって下さい。

 

はい、なんだか不思議な単語が出てきませんでしたか?
「給油」に「掃除」とか。

 

…え?別に不思議な単語じゃない?
そうですね、聞きなれた単語かもしれません。

 

 

「ゲームの話でなければ」

 

 

 

 

画面の左下にゲームらしからぬ表示がある。

 

綺麗な画面、リアルを追及したような世界

 

そう、リアルなのです。

車を走らせるのにはガソリンを買って給油しなければなりません!

 

ガス欠になってしまったら、近くの街まで車を運搬する費用が要求されます。

または、近くのガソリンスタンドまで車を手で押して行くしかありません。

まさしく、リアルの車がガス欠した時の対処法です。

 

 

 

そんなゲームがあるのか!と驚きました!!

 

普通のゲームは車や飛行機など、移動手段に対する費用は要求されません。
好きな時に、好きなだけ、どんな所までも行けるのがゲームの世界でした。

(あれ…でも、よく思い出してみたら、川の向こうに渡りたいなら金払えとか、交通機関使って別の街に行くとき金払うゲームとかあったな…)

そして車も汚れます(笑)

 

砂埃で車体が白っぽくなったり、雨が降って泥をはね上げるのか、タイヤの後ろ側にかけて、泥がついて汚くなる感じ。
わかりますかね(;・∀・)本当にリアルのそれです。

 

とりあえず広い!
見渡す限り「背景ではなく、行くことができるマップ」なんです!

毎回起動して遊ぶ度に「綺麗だなぁ」とつぶやいてプレイしているのはマジな話。

 

だって、昔のゲームはこんな世界なかった。

 

ドット絵から始まり、アニメっぽい世界になったと思いきや、リアルにまで到達してきた。

それがほんの数十年の話だなんて、技術の進歩って本当にすごい。
これからもたくさんの面白いゲームが出てきてくれることに、期待しかありません。